お笑い芸人

宮川花子の病状は?余命はいつまで?多発性骨髄腫はどんな病気?

宮川花子の病状は?余命はいつまで?多発性骨髄腫はどんな病気?

お笑い芸人の宮川花子が多発性骨髄腫で闘病中であることが公表されました。

関西のお笑い界のベテランで、お年寄りに人気の漫才師です。

関西にはファンの多い宮川大輔・花子なので、漫才が見れないファンからは悲しみの声が上がっています。

宮川花子が多発性骨髄腫であることを公表!

6月から体調不良で休演が続いていた漫才師、宮川花子(65)が11日、大阪市内で会見し、多発性骨髄腫で闘病中であることを明かした。奈良県内の病院で入院加療を続けながらも、本格的なリハビリに入っている近況も報告した。

花子は今年に入って体調が思わしくなく、6月25日に体調不良を訴えて、救急搬送。大阪・なんばグランド花月(NGK)の舞台を休演した。直後の6月29日に放送されたレギュラーのNHK「バラエティー生活笑百科」には車椅子で出演していた。

大阪、奈良の病院で入念な検査を受け、結果、多発性骨髄腫を患っていることが分かった。首や肩、胸椎付近などに全7カ所の腫瘍が見つかり、股関節にも骨折の跡があったという。病院に運ばれた当時は下半身不随の状態で、親族関係者によると「いつ死んでもおかしくない」状態で、非常に危険な容体が1週間ほど続いた。

状態が落ち着いた後も「胸から下が動かない」状態だったが、放射線治療を経て、化学療法に入り、病状も回復。かつて胃がんを克服した花子だったが、診断当初は「すごいショックやった」と振り返っており、夫の宮川大助(70)、1人娘の宮川さゆみ(41)と、筆頭弟子ら以外には、実母にさえも病気を伝えず。「腰を骨折した」とだけ伝え、病と闘ってきた。

出典:ヤフーニュース

宮川花子が闘病中の多発性骨髄腫ってどんな病気?

多発性骨髄腫とは、「異物から私たちの体を守ってくれている細胞ががん化してしまい、さまざまな症状を引き起こす病気」だそうです。

また、多発性骨髄腫は完治するのが非常に困難であると言われています。

新たな効果的な施術が現れてそれがうまくいかない限り、相当難しい状況といえるようです。

多発性骨髄腫で闘病中の宮川花子の余命はいつまで?

現在の統計では、多発性骨髄腫は5年後の生存確率は50%程度だそうです。

これは年々上昇してきているとのことなので、更に生存率は上がるかもしれないですね!

なので、それまで頑張って生き続けて、その間に効果的な治療が見つかることを祈るばかりですね。

宮川花子が多発性骨髄腫で闘病中について世間の声は?

男性
男性
宮川花子さんの会見は泣きそうになった。 夫の大助さんが鳥取県出身であることとは関係なくベストカップルだと思うので。 また元気になった姿が見たいなー。ゆっくり少しずつですね
女性
女性
宮川花子師匠大変なご病気から会見できるほどまでに回復されて…
男性
男性
宮川花子治ってほしいなぁ。あの2人の漫才また見たいよ
女性
女性
宮川花子マジかあ… 旦那も前にガンなってたよな…
男性
男性
ええ夫婦やなぁ こんな夫婦になりたいなぁ また、笑わせてください!
女性
女性
すごい生々しい会見。 先生の説明を最後まで聞いて少し安心した。 65歳でこんなことになるんやなあ。 人生、いつ何が起こるかわからない。

宮川花子の病状は?多発性骨髄腫はどんな病気?最新治療で完治も?まとめ

また二人の漫才を見たいという声が多数上がりました。

頑張って乗り越えてまた元気な姿で漫才している姿が見られる日が早くくることを願うばかりですね!

 

(Visited 80 times, 1 visits today)
RELATED POST